スーパー勤務はブラック? 今後転職しようと考えてる人に伝えたい事(経験談から解説します)

スポンサーリンク

どーも、ききです。

今回は、自分が過去に働いていたスーパーでの経験から、今後この業界で働きたい人に向けて記事を書いていきます。

就職が決まって、この業界で頑張っていこうと思っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

何故ブラックと言われているか

スーパーがブラック…というより小売業界は一般的にブラックと言われています。

主な理由としては

  • 長時間労働が蔓延している
  • サービス残業が多い
  • いつまでも給料が安い
  • 土日や祝日は休めない

これらの項目が多く当てはまる業界と言われています。

スーパーだけで、自分の考えを言いますと

  • スーパーは全国に数も多く、全てがブラックという訳ではない
  • 長時間労働や残業云々は経営者の問題
  • 給料面は中々増えないのが現状
  • 土日休めない代わりに平日に休める

順番に解説します。

スーパーは全国に数も多く、全てがブラックという訳ではない

知っての通りスーパーは全国に数多くあり、多くの人が働いています。

ブラックが多いと言われていますが、中にはしっかり管理されている優良企業もあります。

ブラックと知っていたら敢えて働かないですよね?

そのような考えの方ばかりになるとそもそも今存在しているスーパーほとんどはなくなり、気軽に夕食などの買い物が出来なくなります。

食材を買おうにも近くにスーパーがないとさすがにやばい…

このご時世でも出店をして拡大している企業もあり、どちらかと言うとこのコロナ禍でも景気の良い業界ではないでしょうか。

長時間労働や残業云々は経営者の問題

しっかり管理しているスーパーでしたら、早番遅番制で同じ人が長時間仕事しないようにしていると思います。

人がいないから全部ひとりで業務をこなさなければいけない…

この業界は慢性的な人手不足が問題になっていて、常に求人も出てるイメージもありますね。

正直、人手不足は経営者の責任だと思います。

毎回求人出してるけど、全然人集まらないから少数精鋭で頑張ろうじゃないか

人が集まらないのであれば、集まるように努力するもの管理者の仕事です。

結果的に、一人に対して負担が大きくなっているようなスーパーは端から見たらブラックと感じるのでますます人が来ない状況になると思います。

また、残業に関しても「36(サブロク)協定」と呼ばれる規制があり、基本的には

1ヵ月で45時間、1年で360時間を超えて働かせないよう定められています。

会社と労働者の間でこの協定を結んでいる事が普通ですが、届出をせずに長時間労働をさせると「労働基準法違法」となります。

この法律で頭を悩ましている経営者も多いと思いますが、サービス残業と言う悪魔の言葉のせいで休みに仕事をしたりする人が多くいます。

いつも同じ人しかいないようなスーパーはもしかしたらブラックかもしれませんね

給料面は中々増えないのが現状

何年たっても全然給料が増えない…

他の業種と比べた時に、平均年収は低めな印象があります。

店舗によるかもしれませんが、自分の頑張りが全然評価されないような所もありますし、慢性的なサービス残業のせいで働いた分より明らかに給料が少ない場合が多いです。

自分は毎日12~13時間勤務(繁忙期はもっと多い)で手取りが20万を超える事はほとんどありませんでした…

店長などになると、管理職扱いになり、ただでさえ少ない残業代がほとんど貰えなくなります。

もちろん、しっかり昇給して順調に昇格出来る企業もあるので、全てが一概に少ない訳ではありません。

土日休めない代わりに平日に休める

土日に休めないから、全然友達に会えないしいつも一人…

みんなが休んでいる時に仕事をするのは、小売業界の宿命です。

しかし、少し前向きに考えると

  • 銀行や役場関係の用事が済ませられる
  • 平日だと普段混んでいる店も空いている

他にもメリットがあると思いますが、毎週土日休みの人と比べると有利な点もあり、妙に優越感に浸れます(お前だけ

GWなんてどこ行っても凄い人ですが、GWからずらして連休を取ると快適に遊びにいけますね。

年末年始は毎年旅行に行きたいと考えてる方はおそらく不可能なので、この業界は諦めた方がいいでしょう。

結局ブラックなのかどうか

どちらかと言うとブラックが多いと思います。

が、ブラックではなくしっかり従業員の勤務をしっかり管理しているスーパーもしっかり存在します。

ブラックかどうかの見極めは口コミなどのネット情報に頼りがちですが、個人的に気になる店舗があるなら実際にリサーチする事がオススメです。

ネットの情報のみを鵜呑みにすると

入ってから思っていた感じと違った…

なんて状況に陥る可能性が高いです。

可能であれば、実際にその店舗で働いてる人の生の声を聞く事が出来ればベストですね。

慣れないと、スーパーでの仕事は基本的には長時間立ちっぱなしで、忙しい時は休みがほとんどありません。

また、店舗によってはノルマもあり、クリスマスケーキや恵方巻きなど食べたくなくても自腹で買うケースが多いです。

自分の元職場は保険のノルマまでありました…

なら働くのは辞めた方がいい?

自分は10年働いていましたが、今でも機会があればまたこの業界で働きたいと思っています。

え?ドMなの?

毎日サービス残業で仕事はキツかったですが、仕事自体は面白かったです。

自分で企画したものが成功した時の喜びはどの業界にもありますが、良い接客をしていると自分に客がついたりします。

あの店の魚屋さんは希望通り魚捌いてくれていつも助かってるわ

〆サバの作り方教えて貰って、家族に出したら凄い好評だった

刺身の注文をしたらいつもこっそりサービスしてくれて嬉しい。

などと沢山声を貰った事もあります。

自分はそれまで料理に興味はなかったですが、この10年でかなり料理のレベルアップしたように感じます。

人それぞれ感じ方は違うと思います。

世間一般的なホワイト企業とはかけ離れていますが、お金じゃない価値みたいなものが得られると思います。

もちろん、給料が少ないので生活はキツイですし、長時間勤務で体調面にも問題が出てくる事があります。

逆に転職してから、こんなに休んでもいいんだ…とかこんなに残業代貰えるんだ…なんて良く思いました。

ある意味妙にメンタル面でも強くなれた気がします。

凄くオススメ…は出来ませんが、この業界のスキルは他では得られないものもあるので、人によっては天職と感じる場合もあるかもしれませんね。

最後に

当ブログでは転職サイトを多数紹介していますが、このような飲食業界に特化したサイトもあります。

スーパーなどで培った調理関係のスキルは同じ業種で生かせるので、こちらも参考にしてみて下さい。

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました