大手転職サイト「リクナビNEXT」のメリット・デメリットを分析 上手く活用して転職を成功させよう

スポンサーリンク

どーも、ききです。

今回は転職者の約8割が利用するとされている大手転職サイト「リクナビNEXT」の紹介です。

スポンサーリンク

リクナビNEXTとは

株式会社リクルートが運営する社会人のための転職サイトとして日本最大級の求人数を誇る「リクナビNEXT」

テレビCMで見た事がある人も多いのではないでしょうか

【リクナビNEXT】「オファーをくれた篇」

主な特徴として

  • 会員数は約1,000万人
  • 常に求人数約4万件、新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • 検索機能が使いやすい
  • グッドポイント診断で自分の強みを分析

業界最大手ということもあり求人数と会員数が非常に多いです。冒頭でも書きましたが、転職者の約8割が利用している事から信頼性も高い事が頷けます。

自分好みの検索方法で希望する求人を探す事も可能で、自分の持ち味を診断で分析する事も出来ます。

それらを駆使して求人を探してもいいですが、このリクナビNEXTの強みとして

  • スカウト登録することで直接オファーが届く
  • 非公開求人が約8割

登録時にスカウト登録をしておくと、転職エージェントや企業から直接オファーが届きます

つまり、自分から検索しなくても企業側などがその人の特性を見て、求めている人材とマッチした時にオファーが届く事があります。

それ故に求人のほとんどが非公開の求人となっていて、スカウト機能を使うか使わないかで転職の幅が大きく異なります。

すぐ転職するつもりはないけど、そのうち転職したいと思ってる

今の仕事を続けながら、良い求人を見逃したくない

このようなすぐに転職しようと考えてないけど良い所があれば…みたい人にはオススメだと思います。

エージェントを利用すると電話が来たりして慌ただしいですが、スカウトの登録だけなら電話もなく、何より誰かに干渉されずに自分のリズムで転職活動が出来るので、とりあえず少しでも興味があれば登録だけしておけばいつでも優良求人を逃しません。

リクナビにもエージェントサービスはもちろんありますが(利用は別に登録が必要)こちらはどちらかと言うとすぐにでも転職したい人向けのサービスだと思います。

過去に記事でも他社のエージェントサービスについて紹介しているものがあるので、興味があればこちらもご覧下さい。

登録方法

まず、こちらよりサイトにアクセスします。

転職ならリクナビNEXT、登録はこちら

アクセスするとこちらの画面になるので会員登録を進めていきます。画像の通り利用は完全無料です。

会員登録をする事で

  • 自分の希望した条件の求人がメールで届きます
  • 気になる企業は気になるリストに保存可能
  • レジュメはデータ保存が可能
  • スカウト登録でオファーを待つ

これらの機能が使えます。

また、スカウト登録時にチェックを入れておくと、「リクルートエージェント」にも同時に登録が可能です。

エージェントを利用して転職活動をしたい方はこちらも登録して下さい。

こちらは任意なので、利用したい方は利用してみて下さい。もちろん無料です

デメリットについて

ここでお待ちかね、デメリット紹介のコーナーです(待ってない

ブラック企業が紛れ込んでいる

登録されている求人数の数に比例して、どうしてもブラック企業も数多く存在しています。

オファーが来たけど、この会社知り合いがブラック過ぎて逃げてきた所じゃ…

ブラック企業を回避する為の方法として

  • いつも求人を出している企業をチェックしておく(慢性的な人手不足)
  • 事前に口コミを確認する

特に口コミを確認するのにオススメなのが、過去に紹介した「転職会議」での口コミ検索です。

こちらも求人数が多く、ついでに口コミも確認出来るので同時に登録をしておくと良いでしょう。

スカウトメールがうざい

直接企業からオファーが来る事もありますが、大半は機械的に条件に合う求人を送られてくる為、通知がとんでもないことになります。

個別に通知を拒否する事が出来ないので、スカウト機能の登録を解除するしか通知を止める方法がありません…

通知がうざかったからほとんど読まずにスルーしてたら、まともなスカウトを見逃してしまった…

せっかくの機能なのに全てが台無しになるので、自分の中で優良スカウトを見逃さないようにある程度ルールを決めて確認する必要があります。

  • 自分の気になる企業だけチェックする
  • 細かく経歴や条件を指定して少しでも通知が来るのを抑える
  • 時間のある時にまとめて見る

そもそも、機械的なスカウト自体止めて欲しいですが、効率化を重視するのであれば仕方ない事なんですかね…

地方の求人がほとんどない

自分のような地方に住んでいる人には悲報ですが、都会の求人と比較すると明らかに数が少ないです。

こればかりはどーしようもないですが、他の転職サイトと比較した場合でもリクナビNEXTは地方の求人自体はまだ多い方だと思います。

もし可能であれば他の転職サイトも同時に登録して様々な所から情報を仕入れる事が大事だと思います。

質の悪い求人も多い

様々な職種も掲載されていますが、IT関係の求人が特に目立ちます。

自分の持ち味をしっかり評価して貰える求人にすぐに出会う事自体が難しいかもしれませんが、いつどこで誰が貴方を探しているか分からないので、ふとした瞬間に良い仕事に出会えるかもしれません。

なので、気長に探しましょう(答えになってない

ライバルも多い

これだけ有名な転職サイトで求人数も多いともちろん求職者もかなり多いです。

もし良い求人が見つかっても、他の誰かの方がスキル的に優れていた場合間違いなく先を取られると思います。

気軽に仕事を探しながらも、ある程度は準備や対策をしておき常に戦えるようにしておく事が大事です。

せっかくの求人を逃さないようしっかり準備だけはしておきましょう。

実際に利用してみた

登録して実際に利用してみた感じは

  • 通知がかなりうざい
  • 地方はかなり不利なくらい求人数に差がある
  • ブラック企業もかなり多い

これらのデメリット面が目立ちました…

しかし、普通に探しても見つからないような求人も多数あり、近くの中々求人の出ない大きな会社も求人も確認出来ました。

今すぐに転職はないけど、とりあえず登録だけしておく…なら全然使えそうだと感じました。

エージェントのように電話が来て焦るような事もないし、気楽に求人を探す事が出来るので、転職を慌ててない人にはオススメ出来そうです。

すぐに転職…って考えてる人はエージェントサービスも利用してみてはどうでしょうか。

まとめ

実際に転職活動をしようと思っている場合は、一つのサイトで決めずに多数の転職サイトに登録して色々比較しながら転職活動をするのが鉄板だと思います。

当サイトでは他にも職種ごとに転職サイトを数多く紹介していますので、よろしければそちらもご覧下さい。

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました