転職が決まったら退社準備と入社準備を忘れずに。計画的に取り組もう

スポンサーリンク

どーも、ききです。

今回は転職をする時に行う「退職準備」「転職準備」について解説していきます。

今までお世話になった会社やこれからお世話になる会社、それぞれに迷惑の掛からないよう出来るだけ円満に計画的且つスムーズに行いましょう。

スポンサーリンク

退職準備~退職後

退職を決めたら上司に伝えよう

一般的に退職は2~3ヵ月前に伝えるのが常識です。急な退職は会社に迷惑が掛かります。

こんな会社明日から来ねーからな!クソが!

こんな感じで退職してしまうと、もうその会社には行きづらくなります。

次に転職する所でどんな繋がりがあるか分かりません。もし、今の会社の人と知り合いがいたら、余計な口出しをされてせっかくの転職が台無しになります…

大抵の人は最初に止められたり理由を聞かれると思いますが、言いたくなければ詳しく説明する必要はありません。

間違っても周りの同僚に退職しようかな…みたいな会話は慎みましょう。変な噂が流れて余計に居づらくなります。

出来れば忙しい時期を避けて、少し落ち着いた時期に退職の意思を伝えましょう。

退職する日を決めて退職届を書く

退職する日を決めたら退職届けを書きます。

ちなみに書き方はテンプレの文章があるのでそちらを参考に書きましょう。

引用:素材ラボ(退職届けテンプレート)

ちなみに退職願い退職届け辞表は違いがあり、

退職願い

こちらは会社側に自分の退職の意思を伝えるもので、必ず出す必要はありません。上司へ口頭での退職の意思表示がこれに当たります。

ただ、自分は辞める意思を伝えたのに「聞いてない」など言われた場合の為に証拠として出す場合もあります。

退職届け

会社が退職を承諾した場合に改めて自分の退職の意思を伝えるものです。こちらが承諾されれば無事退職の流れとなります。

会社で規定の書面がある場合は先程のテンプレ文ではなくそちらの書面に従いましょう。

辞表

社長や役員など役職がある人が退職する際に出すものが辞表です。

他には公務員などの組織から辞める場合も辞職ですが、退職届けと同じ扱いです。

自分の後任者への引継ぎを行う

自分の後任者が決まっている場合は、その人に業務の引継ぎを行います。

余裕があれば、自分の業務をまとめた資料を作成し、相手に渡しましょう。自分しか分からないような事もしっかり引き継いでおきましょう。

念のため、自分の電話番号を教えておくと、困った時に連絡が取れるのでよっぽど問題がない限り教えておきましょう

自分の時は、後任者がいなかった為、資料を大量に作成して電話番号と一緒に置いていきました。

未だに前の会社に行くと自分が作った資料や電話番号が貼ってあります。

もし、引継ぎをする人とあまり仲が良くない場合は、会社内の違う人に電話番号をこっそり教えておきましょう。もしもの時の為に。

退職前日から当日

退職日が近くなると急に忙しくなります。なので、先に出来るものは少しずつ行っていきましょう。

  1. 自分のロッカーや机の整理。パソコンを持っている人はデータを整理します。
  2. 健康保険証、社員証、その他会社から借りている備品を返却する。
  3. 離職票、雇用保険被保険者証、源泉徴収票、年金手帳を会社から受け取ります。

基本的には自分はもうそこには居なくなるので、自分のものは全て持ち帰り、会社から借りているものは全て返しましょう。

会社に印鑑を置いている人は問題ありませんが、書類などで印鑑が必要な場合があるので念のため持ってきておきましょう。

あとは、最後にお世話になった同僚や上司に挨拶周りをしてひとまず終了です。

退職後

次の仕事が決まっている人と決まっていない人でやる事が大きく異なります。

決まっている人は事務的な手続きはほぼ必要ありません。次の会社にお任せしましょう。

次の仕事が決まっている人はこのまま次の目次まで飛んで下さい。

決まっていない人は

  1. ハローワークに行き、求職の申し込みと失業給付受給資格の確認をする
  2. 転職するまで時間がある場合は、健康保険組合に行き、国民健康保険の手続きをする
  3. 同じく転職まで時間がある場合は、役場で国民年金の手続きをする
  4. 6月以降12月の間で転職した人は半年分の住民税が給料から引かれないので税務署に行って手続きをする

別の記事でも書きましたが、個人的には仕事が決まってから退職する事をオススメします。

次の会社の入社までの準備

ここからはもう既に内定を貰い入社した状態を前提に話を進めていきます。

面接時の注意点はこちら

提出書類の確認

提出書類の一般的なものをまとめておきます。これらの必要書類以外に必要なものがあればその都度準備して下さい。

  • 健康診断書
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳
  • 雇用保険被保険者資格損失届
  • 住民票記載事項証明書の写し
  • 内定承諾書

内定を貰ったら「内定通知書」を確認し、「内定承諾書」に捺印を押して提出します。

入社時に会社で記入する書類

  • 誓約書
  • 身分保証書
  • 交通費申請書
  • 扶養控除申告書
  • 健康保険被扶養者届

ここまでは入社時に会社で記入する書類となります。

入社後は

  • 健康保険、厚生年金資格取得届
  • 雇用保険資格取得届

これらの書類を届けてとりあえず終了です。

分からない事があれば会社側に確認しましょう

事前に分かるものは準備しておけばスムーズに進められます(その為のこの記事です)

前職と今の職場にお礼の手紙を書く

前職には今までのお礼を、現職にはこれからお世話になる旨の手紙を書きましょう。菓子折りなども持参していくといいでしょう。

現職ももちろん大事ですが、前職も今後どのような繋がりがあるか分からないので双方出来るだけ円満な関係を保ちましょう。

前の会社にはもう二度と近づきたくない…

ブラック企業であまり良い思い出もない人は無理にお礼の手紙は書かなくてもいいです。

あくまでも気持ちの問題です。

新しい会社の仕事など勉強しておく

面接の段階でかなり勉強はしていたと思いますが、本番はここからです。

自分で分かる範囲で勉強しておくのと全くしないとでは雲泥の差です。

いざ仕事が始まったら、一通りの仕事の流れは説明あると思います。必ずメモを取りましょう。

せっかく入社したのに

何回も同じ事教えているけど、覚える気ないのかな…

なんて思われたらいきなり微妙な空気になるので、自分からもっと色々勉強する意欲を出していきましょう。

最初が肝心です。あまり悪い印象を持たれないよう行動していく必要があります。

最後に

退職してから次の職場に入社するまでは今までにないくらい忙しくあっという間に時間が過ぎていくと思います。

あまり経験するものではないと思いますが、事前にしっかり準備をしておけばトラブルもなく円滑に転職が出来ると思います。

特に新しい職場では絶対に粗相のないよう意識して、無事転職活動を成功させましょう!

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました