事前準備と志望動機をしっかり決めよう。面接で失敗しないポイント

スポンサーリンク

どーも、ききです。

今回は面接で失敗しない為のポイントについて解説します。

せっかく良い仕事見つけたのに面接で落ちたよ、クソが

なんて事のないように、しっかり準備して挑みましょう。

スポンサーリンク

身だしなみ

どんなに内面が優れてる人でも第一印象が悪いと全てが台無しになりますよね。

ヒゲを伸ばしたり、寝癖のままだったり、スーツがシワだらけだったりと相手から見て最低限の身だしなみは整えましょう。

その中でも自分では気づきにくい点が「臭い」です

前の日にニンニクなど臭いが残りそうなものを食べるなど、自分では口臭は感じにくい部分で相手に不快な思いにさせている事があります。

あとは体臭など対策をしないとそれだけの理由で相手は不快感を覚えます。

かと言って香水をつけていくと余計に悪い印象を与える事になります。

コイツ、どれだけ香水付けてきたんだよ…

面接前の注意点をまとめました。

  • 前日は臭いがキツイ食べ物やタバコ、酒も極力控える
  • スーツやワイシャツは出来ればクリーニングに出して、アイロンをかけておく
  • 革靴は綺麗にしておく
  • 前日は必ず風呂に入る
  • 爪を切っておく
  • 朝起きたら寝ぐせを直す
  • 男性はヒゲを剃る
  • 体臭が気になるなら、制汗剤を付けておく
  • 朝は歯を磨く時にリステリンで口臭を予防する

面接に限らず、普段からこれらの事を意識して生活をすると、周りからの印象も良くなりますね。

以前書いたリステリンの記事ですが、このリステリンは口臭予防以外にも非常に優れた性能を持っています。興味がある方はこちらもご覧下さい。

行動や言動

遅刻や極端に早く来る

寝坊などは論外。もし渋滞など交通の便で送れる恐れがある場合は必ず担当者に連絡を入れましょう。

逆に早く行き過ぎるのもダメです。

相手は面接時間に合わせて予定を組んでいるので、あまり早く行くと余計に迷惑です。

めちゃくちゃ早く行って自分のやる気を伝えよう!(うざい

早めに向かうのは問題ないので、どこか適当に時間を潰して面接に臨みましょう。

暗いイメージを出さない

・面接室に入る時は相手の目を見て、自分から大きな声で挨拶しましょう。

・面接官から質問された時はハキハキと答えましょう。

これらの印象も面接では重要です。目線を逸らせるとあまり印象が良くありません。

何言ってるかほとんど聞こえねぇ

緊張するので表情も固くなりますが、出来るだけ明るく振舞いましょう。

貧乏ゆすりも癖になってる人はこのような緊張する空間だと無意識に行う事があります。意識して直していきましょう。

口調には気を付けよう

いつもの友達口調で話をしないように注意しましょう。

状況的に逆に肝が据わってるレベルですが、中には妙にフレンドリーに話をしてくる人もいるみたいです。

初対面なのに、慣れ慣れしいなぁ…

普段から敬語を使わない人が久しぶりに使うと非常にぎこちなく感じます。一度自分の話方を客観的に誰かに聞いて貰いおかしくないか確認して貰うといいと思います。

あとは、相手の話をしっかり聞きましょう。

性格の問題もあるかもしれませんが、自分の事ばかり話して人の話を全く聞かない人がいます。

ちゃんと話を聞いていないと質問にも答えれないので、しっかり聞きましょう。当たり前ですが…

志望動機をしっかり決める

一応、ここからが本題です(遅い

面接の時の質問でほぼ確実にされる質問に

御社を志望した動機は何ですか?

この質問があります。

本当にやりたい仕事だった場合はそのまま正直に言えば問題ありませんが、大抵の人は

実は給料で決めたなんて言えない…

今の会社は残業ばかりだけど、この会社は残業も少ないみたいだし…

本音は違っても口が裂けても言ってはいけません。

そもそも、担当の人は事前に前職の年収など把握していると思うので、自分の会社の方が給料が良ければ

コイツ、実は給料目当てで面接来たな

と感じていると思います。

正直会社自体に興味がなくても、必ず事前に会社の事を調べてから志望動機を考えましょう。

この時に漠然とした理由はダメです。

御社の考え方に非常に共感を持ちました

地域や人の役に立つ仕事がしたいと思っています

御社に入社すれば学ぶ事が多く成長出来ると感じました

もっと具体的にその会社の何が自分の心を動かしたかを伝える必要があります。

その為には、リサーチが大事でこの質問の出来で採用に大きく関わってきます。

大事なポイントとして

  • 企業が求めている人材と自分がマッチしており、これまでの実績と交えてアピールする
  • 自分の強みを企業に生かせるかアピールする
  • 他にも同じような職種があるのにどうしてその会社なのか

この3点を重点的に意識して志望動機を考えていきましょう。

特に他にも選択肢があるのになぜその会社にしたのか?この答えが大事で、この答え次第で面接が上手くいくかどうか決まるくらい重要です。

最後に

ほとんどの人が面接自体は経験者だと思いますが、自分も正直最初は曖昧な事を言っていたと思います。

逆に考えて、仮に自分が面接官だった場合にどのように言って貰えると印象が良くなるか、疑似的にシュミレーションしてみるのもいいと思います。

面接を突破したら無事入社ですので、最後まで気を抜かないで頑張りましょう!

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました