仕事を探す時は在職中?退職後?正しい選択をしてスムーズに転職をしよう

スポンサーリンク

どーも、ききです

今回は転職しようと決めてから仕事を探すと思いますが、仕事をしながら仕事を探すか仕事を辞めてから仕事を探すか悩んでいる人は多いと思います。

それぞれメリット・デメリットがありますので、転職する時の指標にしてみて下さい。

スポンサーリンク

在職中に転職活動をする場合

メリット

  • 収入が途絶える事なく転職活動が行えるので焦る必要がない
  • 良い職場が見つからない場合はそのまま働き続ける事も可能
  • 自分の経歴に空白期間が出来ない

特に今の仕事をしながらの転職活動となるので、収入が途絶えません。

ここが一番メリットと言える部分で一度辞めてしまうと、収入がない状態が続くので焦りから良い企業への転職が出来なくなる可能性があります。

また、良い企業がない場合も何事もなかったかのようにそのまま働き続ければ問題ありません。

注意点としては周りに余計な事を言わない事です。余計な事を言うと転職しにくくなります。

転職する気なら一人で誰にも告げずに行動しましょう。

一度辞めてしまうと、空白期間が生まれてしまいます。収入がないだけではなく、転職先の面接でもその期間の事を問われる事があります。

基本的には企業側は中途採用をする人は働きながら転職活動をしているものだと思っているので、その空白期間が企業の印象を悪くする恐れがあります。

…こいつ仕事辞めて何してたんだ?

デメリット

  • 面接などの日程や時間の調整が難しい
  • 辞める意思を伝えたら止められた

働きながらなので転職活動は仕事が終わってからか休みの日に限られてきます。ほとんど休みがなかったり毎日の業務が夜遅くまで帰れない人はそれだけで満足な転職活動が出来ません。

その時点でブラック臭がするにゃ…

また、実際に内定を貰ってから辞める意思を伝えたら止められるパターンがあります。

企業側としては辞めるなんて思っていないと思うので、辞められたら急な人事や業務の割り振りなど行わなければいけません。

大事な人材と窓際族では対応の違いがあるかもしれませんが、企業側は急な退職は困ると思います。

仕事の状況(プロジェクトや業務の進行度合い)を見定めて密かに転職活動する事が望ましいです。

もし在職中に転職活動を行う際は、少しでも今の会社に迷惑が掛からないようにする事が望ましいです。もう関係ないって思うかもしれませんが、今後思わぬ形で接する可能性もあります。

円満退社は難しいかもしれませんが、出来れば少しでも穏便に退職出来るような行動を取って置くことをオススメします。

内定が決まって急遽「明日から来ません」も大抵の会社は困ると思うので、少なくとも2~3ヵ月程度の猶予を設けてスムーズに退職出来るようにする事が大事です。

退職後に転職活動をする場合

メリット

  • 嫌な上司から逃れられた
  • 時間が十分に取れるので面接の日程など調節しやすい
  • 生活リズムが整った

嫌な上司など嫌いな人がいた場合はずっと憂鬱な毎日を送っていた事でしょう。その呪縛から解放されただけでも嬉しいと思います。

朝出社して嫌な奴の顔を見ないだけでこれだけ幸せな事はないでしょう。

一時的に無職の状態なので時間はいくらでもあります。なので次の企業での面接も打ち合わせも自由に出来ます。

最後に今の仕事によって不規則な毎日を送っていた人は、生活リズムが改善されます。

逆に怠けた生活になる危険性も秘めていますので注意する必要があります。

デメリット

  • 収入がなくみるみる貯金が減る
  • 中々良い企業が見つからず焦る
  • 自分が何をしたいのか見失う

無職なので他に収入源がなければ貯金は減り続けます。この期間が長くなると最悪借金をする可能性も出てきます…

また、意気揚々と転職活動を続けていても中々良い企業に巡り合わない事があります。ここで焦ってブラック企業に就職してしまうと本末転倒です。冷静に転職活動を続ける必要があります。

最後の項目が一番危険ですが、無職の期間が長くなればなるほど自分が何をしたいのか判断出来なくなります。

そのままニートみたいな生活になる事も考えられるので、ある程度自分の気持ちを強く持つ事が大事です。

まとめ

結論をいうと自分は在職中にしか転職活動をした事がありませんが、やはりお金の余裕が生まれるので在職中の転職活動が一番良いと感じます。

ただ、それぞれメリット・デメリットがあるので状況に応じて転職活動をしましょう。決して今より悪い結果にならない事を祈ります。

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました