面接で「当社が第一志望ですか」と聞いてくる理由 それに対するベストな返答

スポンサーリンク

どーも、ききです。

今回は面接での微妙に答えずらい質問に対しての対処法を解説します。

面接攻略自体はこちらの記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

何故そんな質問をするのか

正直この質問自体には大きな意味はなく、はっきり言って「うちに来るつもりがあるか」の指標に過ぎません。

多くの就活生は他にも面接などを控えている事は人事は承知しています。その中でこの質問に対してあまり良い返答がない場合はさっさと落とす段取りを進めているかもしれません。

いくら良い人材で内定を出していても、最終的に断って自分の会社に入社して貰えなければ選考した人事にも責任があります。今後人事としての評価に響きます。

仮に他にも良い所があって

あー、実は第2候補なんです

なんて口が裂けても言えません。他が間違いなく受かるのが確定していれば良いですが、その段階で面接をする必要もありません(滑り止めみたいなつもりでもその一言は命取りになります)

例えば好きな人が二人いて(不謹慎)本命と第二候補同時に告白するようなものです。もし本命に振られたら付き合ってくれと言っているようなレベルです。

他が受かればそっちに行くつもりでも、面接している以上ここは「第一志望」と言うのが正論だと思います。

また、「第一志望群」という表現もあまり良い印象がありません。むしろそれを言うときっぱり第一志望ではないと言っているようなものだと思います。

その後の内定辞退の事までこちらは今すぐに考える必要はありません。あくまでも、面接に受かるのが就職活動のゴールでもあります。

この質問に対して様々な意見

そもそも、面接官はこの質問で第一志望と聞いても

こいつ、多分うちが第一志望じゃないな…

そんな風に思っている場合も多いです。

「『御社が第一志望です!』という就職活動生の言葉は、嘘でも仕方ないと思いますか?」

はい:85.0% いいえ:15.0%

引用:ジョブラス新卒-「御社が第一志望」は「嘘でも仕方ない」と85%の面接官が回答 それでも聞く理由とは?-引用:ジョブラス新卒-「御社が第一志望」は「嘘でも仕方ない」と85%の面接官が回答 それでも聞く理由とは?-

面接官も最初から面接官ではなく、最初は就活生側の人間だった訳ですが、その面接官も当時はとりあえず第一志望と言って内定を貰った人が大半です。

もはや社交辞令的なもので、理由はどうあれ「第一志望」と言うのが当たり前みたいな風潮でもあります。

少し違うかもしれませんが、周りがみんなやってるから自分もやりたい、みんなやってるから正しいと感じるバンドワゴン効果に近いと思います。

バンドワゴン効果(バンドワゴンこうか、英: bandwagon effect)とは、ある選択肢を多数が選択している現象が、その選択肢を選択する者を更に増大させる効果。「バンドワゴン」とは行列先頭に居る楽隊車であり「バンドワゴンに乗る」とは時流に乗る・多勢に与する・勝ち馬に乗るという意味である。経済学・政治学・社会学などで遣われる。

引用:Wikipedia-バンドワゴン効果

そんな中、第一志望と言わない選択肢について言及されている記事があるので紹介します。

仮に第一志望ではないと伝えても、本当に欲しい人材であればむしろ向こうから

もし、他の会社で内定が貰えなければ是非うちに来て欲しい

なんて言ってくれる会社があれば、そこは間違いなく良い会社かもしれません。

※しかし、誰でもカモンなブラック企業には注意する必要があります

結局どう答えればいいの

何度も言いますが、本当に第一志望であれば必ず第一志望と伝えましょう。

この時に何故御社が第一志望なのか?他にも同じ業種の企業があるのに何故御社なのか?その理由をしっかり決めておく事が大切です。

こちらの記事を参考にその企業じゃないといけない理由をしっかり考えておきましょう。

一番大事な事

もし、複数内定を貰ってどちらかを内定辞退しなければいけなくなった場合、お断りの連絡をすると思います。

電話するの怖いよぉ…ママ…

この時に大事な事は出来るだけ円満に内定辞退をする事です。

今後絶対に関わる事がないとは言い切れないので、思わぬ形で再び関わる可能性があります。

その時に良い印象を与えたままの感じで接する事が出来ればその後の関係も良好に保てると感じています。

具体的にどんな感じで辞退すればいいかと言うと

  • 御社の選考に携われて良かった事
  • 内定を貰って純粋に嬉しかった事
  • 出来るだけ辞退した理由を正直に話す

特に理由ですが、正直採用する側は今後の参考にする為に理由が一番知りたいです。

例えば、給料が安くて他が良かった…なんて場合は待遇面で不満点があったなど正直に話をすると言いと思います。

自分は過去に4社同時に内定を貰って3社辞退した事がありますが、その3社はそれぞれしっかり理由を告げてお断りしました。

その後、そのうちの1社の人と偶然バッタリ会った事がありましたが、「最近調子どう?」みたいな世話話をしたりして特別悪い印象もなかったと思います。

仕事関係で関わる事はないですが、このような人との繋がりは自分にとってプラスになると考えています。

最初は連絡するのが無茶苦茶怖いですが、正直自分で撒いた種なのでそこはしっかり対処しましょう。

とは言え、どの企業に対しても第一志望と伝えていて断ってる時点でちょっと変な空気になるかもしれないので出来れば多数の企業を同時に面接はしない方が一番良いと思います。

お前が言うな

最後に

何か自分なりに考えがある人は別ですが、面接でこの質問された時は間髪いれずに

第一志望です!!!!

と胸を張って言いましょう。ただ、言うだけではなくしっかり理由も付けてしっかり相手に伝える事が大事です。

今回の話とは関係ないですが、「志望」で変換すると「脂肪」とか「死亡」が何度も出てきて、一応確認して直したつもりですが、もし変換ミスがあればこっそり教えて下さい(逆に面白いですが

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました