放置したら大惨事!?悪化する前に絶対対処しよう。粉瘤摘出までの記録

スポンサーリンク

どーも、ききです。

唐突ですが、粉瘤って何か知ってますか?あるいは読めますか?

えーっと、ふん…いや、こな…難しくて読めねーよ

これは「ふんりゅう」と呼びます。別名アテロームとも言います。

簡単に説明すると腫瘍のようなものが体に出来る症状で、今回はこの粉瘤と奮闘した日々について記事を書いていきます。

誰でも出来る可能性が有り、恐らく悩んでいる人は一定数いると思います。

スポンサーリンク

粉瘤について

アテローム(粉瘤・ふんりゅう、アテローマ)とは、一般的に“しぼうのかたまり”と呼ばれることがありますが、実は本当の脂肪の塊ではありません。

皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。

引用:皮膚科Q&A-アテローム(粉瘤)-

粉瘤が発生する原因は実は明確に解明されていません。

毛の生え際が狭まったり詰まったりすることが原因の一つになるといわれています。

他には打撲や外傷などの怪我によって皮膚の一部が中に入り込んでしまうことで起こったり、ウイルス感染によって発生したり、ニキビ痕に生じたりすることも有り正直いつどこでも発症する可能性はあります。

粉瘤は基本的には良性腫瘍であり、悪性化することはほとんどないといわれていますが、ごく稀にガン化したという報告もあります。

ガンになるのは、ちょっとやべぇな…

体質も関係しているようで、一度出来ると慢性的に色んな所に出来たりする人もいるみたいです。

主に

  • お尻
  • 背中
  • 首元
  • 耳の裏

などに出来やすいと言われています。

粉瘤が発生してからの苦悩

粉瘤第一形態との闘い

ある日突然、背中に出来物が出来て

何かまたニキビか何か出来たのかな…しばらく放置しとくか…

と放置していたら、急に激臭がするようになり、自分かと思って色々調べていたら、背中の出来物から臭いが出ている事が分かりました。

最初は無臭でしたが、何かの拍子で出来物が破裂して中の物質が出てきて、それが臭いの原因でした。

しかも、その時仕事中で会議中だったのですが、その時のざわざわ具合は異常でした(当然ですが…)

ざわざわざわ | 漫画 セリフ, かわいいハリネズミ, 面白いイラスト

そして、会議が無事(?)終わり、急いで鏡で見てみると…

やべぇ…めっちゃ出て来てる(白い液体が)収まらない…

出来るだけティッシュで絞り出して(特に痛みはない)、大分落ち着いた所で絆創膏を貼りました。

その日はそのまま帰りましたが、後日病院に行って、診察をしてもらったら

あー、これは粉瘤と言って、放置しても治らないから手術して核を取らないとまた再発するよ

と言われました。

手術は怖い…とりあえず様子を見ます…

チキンな自分は手術にビビり、とりあえず今は中身もある程度出して臭いもなく痛みなども特にないので様子を見るという決断をしました。

しかし、この決断が地獄の始まりだとはこの時は思いもしませんでした…

粉瘤第二形態との死闘

背中にシコリみたいなものは残っていましたが、しばらくは特に問題なく生活していました。

ある日、背中を触ってみると

背中の粉瘤が少し大きくなってきたなぁ…何か嫌な予感

その後、その粉瘤は更に巨大化していき、炎症を起こしました。

 中央の皮膚開口部より細菌が侵入して化膿することがあります。

これを炎症(化膿)性粉瘤と呼びます。患部は赤く腫れ上がり、痛みを伴います(資料10)軽い炎症なら抗生物質を内服すれば炎症はおさまります。

しかし、ひどく化膿すると皮膚の下の袋状構造物は破壊され、膿みがたまった状態(膿瘍)になります。この場合、抗生物質を内服しただけでは効果が少なく、表面を少し切開して膿みをだしたほうがよいことがあります。

いずれにせよ、アテロームに炎症をともなう場合は、あとに述べる外科的手術をすぐに行うことはできません。

引用:皮膚科Q&A-アテローム(粉瘤)-

恐らく、しばらく暑い日が続いて汗をかいていたので、それが引き金になった可能性があります。

日に日に大きくなり、炎症もしているので痛みが酷くなってきました。

しかも、背中(肩甲骨の横辺り)なので寝るときに寝返りを打つと激痛が伴いました…

あまりに痛くて我慢出来なくなり、病院で再度見て貰ったところ

あーあ、やっぱりあの時切っておけばここまで悪化する事はなかったのに(呆れ

と言われ、炎症が酷い為、すぐに摘出が出来ない状態だと言われました。

どうしても摘出して欲しいなら今でも取るけど、炎症が酷いとその分麻酔も効きにくいから多分死ぬほど痛いよ。

とりあえず、炎症を抑える薬と軟膏、痛み止めを処方されて炎症が収まる(と思う)1週間後に摘出する流れとなりました。

この痛みに耐えながら1週間過ごす地獄の始まりです。

Uživatel オウルん na Twitteru: „ここからがほんとうの地獄だ・・・… “

第二形態に一撃を与える

地獄の一週間が始まって、ちょうど夏で汗も酷くとても仕事どころではなかったです…

病院に行ってから3日目に、またまた仕事中に急に背中に温かい感触があり

ま、まさか…

と思い背中に手を添えるとドロドロまた白い液体が出てきました(今度は何故か無臭)

場所が悪く自分で絞り出せないので、その時の同僚に手伝ってもらい絞り出すだけ出して貰いました(あの時はありがとう)

ただ、今回はいくら絞っても全然収まらなく、血も中々止まりませんでした。

帰って嫁にも絞って貰いましたが、どうも以前出来た箇所の手前で炎症していた為、結局病院で摘出するまでどうする事も出来ませんでした。

一度出したので少し楽になりましたが、何をしても血が止まらないのでそれはそれで不便な毎日でした…

そして、遂に摘出の日になりました。

第二形態撃破までの流れ

炎症自体はまだ収まってなかったですが、病院の先生は既に手術着に着替えていて即手術になりました。

手術室に入るのも初めてで凄くドキドキしましたが、怖いって思いよりも早く出して欲しいの一択でした。

手術が始まりましたが、局所麻酔なので意識はずっとあります。

麻酔をして摘出の流れですが、先程も書きましたが、今回の炎症は手前で出来ていて肝心の核が奥深くにあった為、何度も追い麻酔をして摘出して貰いました。

この段階で、麻酔も効いていたとおもいますが、かなり痛かったです。

背中が痛いイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

痛かったら手上げて下さいって何回手を挙げたか覚えてないくらい手を挙げました。

とりあえず、手術が終わり先生に「取った奴見てみる?」と言われて見せて貰いましたが

思ったより核が小さいな…こんな小さい奴に今まで悩まされていたのか…

手術後は切開した箇所を縫って抜糸をして終了です。お疲れ様でした(何が

最後に

今回の自分の経験から何を伝えたいかと言いますと、

粉瘤が出来たらすぐにでも摘出した方が絶対良い。様子を見る選択肢は後悔します。

出来た状況によると思いますが、出来るだけ早く摘出した方がいいです。

小さいし、気にならないから放置しても大丈夫だろ

その考えが命取りになります。

この粉瘤は自然に治らないので、放置したらいつ悪化するか分かりません。

小さい時ならそれだけ手術の負担(痛みなど)も少なくすぐ終わると思います。

ここまで悪化するなら最初に取っておけば良かった…

もう終わりましたが、後悔しても遅いので早めの判断が必要です。

今現在粉瘤に悩んでいる人の参考になればと思い記事を書きましたが、何度でも言います。

すぐに摘出しましょう!

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました