保育士の転職に勧めたい転職サイトの紹介。非公開求人も多数掲載しています。

スポンサーリンク

どーも、ききです。

今回は、保育士として転職を考えてる方にオススメの保育求人サイト「保育情報どっとこむ」の紹介です。

スポンサーリンク

保育情報どっとこむとは

保育情報どっとこむは株式会社アスカが運営する保育士専門の人材紹介サービスです。

子供は好きだけど、職場の環境があまり良くないし、今の給料では毎日の生活がキツくて続けていく自信がない…

厚生労働大臣認可サービスでありサポートも充実しているので、転職サイトが初めての方でも安心して利用出来る保育士の為の転職サイトです。

次に主な特徴について解説します。

保育士求人数が業界最大級の求人数

保育に特化したサイトとして長年の実績もあり、業界に認知されていますので好条件の求人案件を全国から多数ご紹介しています。

転職しようと思って転職サイトに登録したけど、東京とかの都市部しか求人情報がない…

保育関係の転職サイトは比較的都市部の求人に集中している事が多いですが、こちらのサイトでは地方の求人も掲載されているので、全国の転職希望者が対象となっています。

しかし、東京、千葉、埼玉といった首都圏の求人数が多いのが現状で、地方の求人は首都圏と比べると少なめです。

専任キャリアコンサルタントに何でも相談出来る

サイトに登録後、専任のキャリアコンサルトから電話またはメールで連絡が来ます。

元保育士の方が多く業界特有の保育事情に詳しい方が多いため、分からない事などあれば何でも相談出来ます。

自分の勤務希望や働き方を明確に伝えることで、最適なマッチングが出来るよう良い求人を紹介してくれます。

また、普通の求人情報にはない保育情報どっとこむ限定の非公開求人の紹介なども行ってくれるので、思いがけない求人に出会える事もあります。

正社員の他に派遣、非常勤、パートなど検索可能

自分のライフスタイルに合わせた求人情報を検索する事が出来ます。

主にアスカグループは人材派遣を行っているため、他の転職サービスよりも派遣社員の求人が多いのが特徴です。

仕事の持ち帰りが日常的になって家事をする時間がない…

求人を検索する時に時間外労働の有無や産休取得などそれぞれの条件も確認出来るので、自分の望む求人を探す事が出来るので安心ですね。

お仕事説明会や各種セミナーを開催している

日本全国で定期的にセミナーを開催しています。

主に転職に関わる情報や実際に働いている保育士さんの話を聞けるので、現場の生の声など知りたい情報が知る事が出来ます。

こちらのサイトの口コミではこれらのセミナーでの情報収集は非常に評判が良く、自分の知りたい情報を得る事が出来るのでもし時間に余裕があれば積極的に参加する事をオススメします。

デメリットについて

こちらのサイトを使用する場合のデメリットについて解説していきます。

地方の求人自体は少ない

先程も書きましたが、求人の大半は都市部に集中しているので、地方の求人は少な目な印象です。

しかし、全く求人がない訳ではないので保育関係で転職を希望している方は一度登録だけしてみて、もし希望の求人がない場合は別の求人サイトを登録しましょう。

キャリアコンサルタントも人間

キャリアコンサルタントに何でも相談出来て色々助けて貰えますが、キャリアコンサルタントも人間。色々な人がいます。

こちらの記事でも書きましたが、彼らも仕事の一環なので自分の実績の為に半ば強引の求人を勧めてくる場合もあります。

もし気に入らない事があれば、お気軽にサポートセンターに連絡を入れて頂き、担当を変えてもらうなどの対応をして貰えるので、ストレスのない転職活動をしましょう。

登録方法

こちらにアクセスして下にスクロールすると、こちらの画面になります。

保育情報どっとこむ!
  • 登録フォームに名前、生年月日、住所などを入力
  • 経歴とスキルを入力
  • 希望する雇用形態、担当科目、勤務地、仕事を開始する時期を入力

必要情報を入力していき、会員登録を進めます。

会員登録から入園まで全て完全無料なので、転職しようか迷っている方も念のため登録だけしておくといいかもしれませんにゃ

その後、専任のキャリアコンサルトから電話またはメールで連絡が来るので、求人の紹介や希望の条件を伝えていきます。

求人紹介以外にも書類の作成や面接対応など実際に入園するまでサポートしてくれますので、安心して転職活動が出来ます。

保育士のこれから

良くニュースで「保育業界の人手不足」が話題になっています。

今の現状は急激に増えた保育園の数に反比例して保育士の数が少ないのです。

資格を持っていて以前は保育関係の仕事をしていた人が今は保育関係の職に就いていない人が多くいる事も要因です。

せっかく保育士の資格を持っているのにどうして保育園で働かないの?

一番の問題は給料面の問題です。子供の命を預かる非常に責任のある職業ですが、同じ国家資格である看護師と給料の比較するとかなりの差があります。

保育事業は国の補助金によって成り立っている為、頑張っている人にはもっと給料を上げたいと思っても支払いの上限が決まっているのです。

今は「処遇改善加算」と呼ばれる追加の手当を出して、少しでも保育士の生活を守るように国が動いています。

地域によっては家賃補助やお祝い金など、独自の取り組みで保育士を集めている自治体もあります。

少しは以前より働きやすくなってきたのかしら

しかし、保育士の仕事は残業が多い、家に持ち帰って仕事をしないと間に合わない、親からのクレームなどの要因で疲れ切ってしまう人も多いのが今の保育業界です。

子供は好きだけど、ストレスで今後も続けていける自信がない…

そのような悩みを持つ方に、今回のサイトを利用してもっと保育士目線で考えてくれる待遇の良い職場への転職が出来れば本望だと思います。

最後に

保育士は世間的に

子供と遊ぶだけで給料貰えるんだろ?

などと感じている人も一定数います。

しかし、先程も言いましたが、人の命を預かるとても責任のある重要な仕事だと思います。

これからも絶対に必要な職業なので、一度退いた方ももう一度保育士の仕事を考えてみてはいかがでしょうか。

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました