とりあえず3年…我慢して3年頑張った先にあるもの

スポンサーリンク

どーも、ききです。

転職したいけど、とりあえず3年って言うしな…

転職しようと考えてる方は全員聞いた事があると思います「3年ルール」の存在。

実際3年頑張った方がいいのか、それともとっとと辞めた方がいいのか。

今転職を考えてる方は読んでみて下さい。

スポンサーリンク

3年ルールとは

終身雇用が当たり前の時代に、転職というのはあまり良くないという風潮がありました。

今は時代も変わり終身雇用は崩壊するとまで言われています。

転職するにしてもとりあえず3年は頑張ろう

いつから始まって誰が言い出したか分かりませんが、この3年という月日は

正直根拠はありません。

ことわざで「石の上にも3年」とありますが、固定観念で「3年」という月日が区切りも良く働く期間としてはちょうど良いと言われたのでしょうか。

たかが3年と思う人といれば、貴重な3年と思う人もいると思います。

あまり、早く辞めると辞め癖が付く可能性も有り、自分の職歴が悲惨な事になる事も考えられます。

3年頑張るメリット

即戦力として次の転職に有利になる

文字通り1年で辞めるより、3年続けた方がある程度仕事も覚えて同じ職に転職する予定では有利です。

実務経験が3年以上の条件や各種資格を取得して結果的に次の転職の基盤になる場合があります。

また、早く辞めると転職する際に

コイツ、前の仕事すぐ辞めてるからうちに来てもすぐ辞めそうだな…

あまり良く思われない場合があります。

そういう点でも3年程度続ける意味はあると思います。

一人前に成長出来る

高校や大学を経て社会に出てビジネスマナーを学び仕事も一通り覚えて、自分の下に就く人間も出来て1番成長する時期がおよそ3年程度だと思います。

入ったばかりは仕事を覚えるのに必死で周りを見る余裕はないと思いますが、3年もすれば少し広い視野で今の状況を考える事が出来ると思います。

仕事自体も最初は嫌で早く辞めたいとずっと思っていても、3年と月日がたてば仕事の面白さにも気づく時期でもあります。

退職金が貰える場合がある

1年では何も貰えないけど3年以上働くと退職金が支払われる会社も多いです(うちの会社は7年から…)

3年くらいでは大した金額にはならないと思いますが、どーせなら、貰えるものは貰っておけの精神で少しでも貰えたらいいですよね。

しかし、退職金制度自体ない会社もあるので最初に確認した方がいいと思います。

人間関係の繋がりが広がる

人間関係が悪い環境だと、それも辞める原因となりえますが、長くいるとそれだけ沢山の人と関わると思います。

中には自分の人生には欠かせない存在の人と出会うきっかけになるかもしれません。

その人間関係から別の仕事への繋がりが生まれたり、次の転職に繋がる場合もあります。

3年頑張ったのに生まれるデメリット

第二新卒としての転職が出来ない

入社3年未満が対象の第二新卒ですが、3年以上働くとこの枠での転職活動が出来なくなります。

3年以上になると中途採用枠しか選択肢がありません(当然ですが)

比較的大きな企業は第二新卒としての採用も多く良い転職の機会を逃す可能性もあります。

元々入りたかった大手企業の求人あるけど、第二新卒までしか募集していない…

20代の大切な3年

まだ右も左も分からない状態で、何も考えずにとりあえず就職した会社にズルズルいるのも自分の可能性を潰すかもしれません。

やりたい事もなく何も考えなくても良い為、もしかしたら多くの人はこの状態ではないでしょうか。

自分のやりたい事を探しながら働く分にはいいですが、長くいるとそれだけ辞めづらくなるのもあり、結局気づいたら30代…なんて事もあります。

気づいたらもうこんな歳じゃ…

体調面について

働いた会社がブラック企業で、転職の「て」の字も言えないような環境だと次の仕事を探そうという気力もなくなります。

主に長時間労働や休みが取れない、人間関係が悪いなど仕事が原因で鬱になったり、最悪の場合仕事自体出来ない体になる可能性もあります。

若いうちはなんとかなっても歳取ってくるとどんどん体にガタが来ます。

企業側の思い

企業側としては、出来るだけ早期退職を避けて欲しいと思っています。

理由として、離職率が高いと会社の評判が悪くなるからです。

もし自分が転職しようとする会社の離職率が高いと

あっ(察し

と感じると思います。

また、こちらのグラフをご覧下さい。

引用:マイナビ転職(転職はとりあえず3年働いてから?)

このグラフは「初めて退職した時期は入社何年目の時?」という事で、このグラフを見ると1~3年目は退職する人が多いですが、4年目以降になると急に下がります。

企業側はこれを知っていて、何とか3年働けばこの後簡単には辞めないだろう

と考えています。なのでとりあえず3年は頑張ろうみたいな風潮なのです。

すぐにでも辞めた方がいい場合

たちが悪いのが「ブラック企業」です。

ブラック企業も3年働いたら辞めにくくなる事を知って、どんどん過剰な仕事を押し付けたりするようになります。

先程も少し触れましたが、もし仕事で体調面に影響が出るようであれば自分が壊れる前に逃げましょう

転職に有利?不利?そんなものは関係ありません。出来るだけすぐに辞めましょう。取返しのつかない事になります。

もし中々言い出せずに退職に踏み切れない場合は、法的手段に出る方法もあります。

給料の未払い金請求や慰謝料請求、トラブルなく確実に退職したい方など全て弁護士に一任して面倒な手続きは全て任せる事が出来ます。

退職したいけど、中々言い出せない…そんな悩んでいる方がいましたら、こちらよりプロに任せて気持ちよく退職しましょう。

弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」

一番伝えたい事

結局この記事で何を伝えたいかと言うと

「仕事が楽しく感じたり自分が成長出来ると感じるなら辞めずに頑張った方が良い」

これが一番だと思います。

転職は「給料を上げたい」「労働環境が良い所に行きたい」「今以上のステップアップ」など理由は様々ありますが、一番は自分に合う仕事を探す活動でもあります。

今の会社に不満点はあると思いますが、それはみんな同じです。

その中で

最初は面白くなかったけど、段々この仕事やりがいがあると感じてきた。

と感じる事が出来るのならそれは天職だと思います。

その事に気づくのに3年掛かる人もいれば10年掛かる人もいます。

それでもこの仕事が自分には合ってないと感じた時に初めて転職に踏み切ればいいと思います。3年ルールなんて気にする必要ありません。

とりあえず3年頑張る…その言葉の意味は

3年という期間今の仕事が自分にとって天職か見極める時間

と自分は思っています。

改善されないと思えばすぐに辞めてもいいんです。転職に響くとかいちいち考えなくても大丈夫です。周りから何を言われても関係ありません。

今後もし転職しようと考えてる方は、一人で求人を探すのではなく転職のプロと一緒に探すという選択肢もあります。

当ブログでは転職エージェントサービスも数多く紹介しています。

興味があれば上の「転職サイトの紹介」のリンクより参考にしてみて下さい。

最後に

自分は長年働いているうちに仕事の楽しさみたいな事を最近少しずつ分かってきたような感じがします。

でも今の仕事が天職かと言われたらちょっと疑問に思う事もあります。

ほとんどの人が今の仕事に満足していなくて、自分に合う仕事を見つけれる確率はかなり低いと思います。

そんな中でもやりがいを見つける事が出来た人はある意味幸運だと思います。

転職するにしても今の仕事を頑張るにしても、頑張って自分の天職を見つけましょう。

今回はこの辺でノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました